こんにちは😃 

石川県金沢市、野々市市のブリランテピアノ教室🎹の新神田教室の講師 小林です。

日々のレッスンで、爪が長い状態の生徒さんをよく見かけます。

実は、爪が長いとピアノはきちんと弾けません。

ピアノを弾くなら、爪を短くしなければなりません。😌

指先を使うのだから爪が長いととても邪魔になります。🙁

爪を短く切ることは、ピアノを弾く上でとっても重要なことです。

爪を短くしなければいけない理由。

爪が鍵盤に当たる音がする

「弾いた時にカチカチと爪が鍵盤に当たる音がする」ということ。

これは、ピアノの音以外の音が聴こえてしまいます。

弾くときに滑る

指の腹を使って、しっかり鍵盤を掴みたいときに、滑ってしまっては、演奏が崩れてしまいます。指のタッチをしっかり身につけていくためには、爪が指先より出ていない状態で、指の腹でタッチをつかんでほしいものです。

爪が長いせいで、伸ばしきった指で弾こうとしてしまうクセがついてしまいます。つまり、ピアノを弾くときの手指の形が、整いません。

カチカチと爪の当たる音もしてしまいます。

ピアノを弾くときの、一般的に、玉子🥚を掌の中に入れている感じで、といわれます。つまり、手指を少し丸めます。

この形で弾こうとすれば、爪が長いとどうしても鍵盤にあたり、カチカチ音がしてしまうのです。

なので、切らなければいけないんです。

適切な爪の長さは、、、。

長いとピアノを弾くのには邪魔。

ピアノを弾くのに適切な長さはどのくらいなのか。

手のひら側から見て爪見えない程度

私自身は、小さなころからピアノを弾いていて、ずっと爪を短くしてきているので、ちょっと伸びるとすぐ気になってしまいます。手のひらの側から爪が見えない程度が丁度良いと思っています。

 

さあ、レッスン前はもちろんの事、普段より、お子様の爪切りを意識されて、短い爪を維持し続けますよう、ご協力宜しくお願い致します🙇‍♀️

 

今月も、お問い合わせや体験レッスンの申込みが増えています‼️講師陣も、どんどんレッスン可能な時間の枠が少なってきていますので、お早目のお問い合わせと体験レッスンの予約をお願い致します🙇‍♀️🎹‼️😄🎵

 

The following two tabs change content below.

ブリランテピアノ教室

笑顔がいっぱい!ブリランテピアノ教室です。 「感性豊かな感じる心」と、コツコツ練習を積み重ね、継続する事により「努力の出来る心」を教室理念に、音楽の素晴らしさを1人でも多くの子供達に伝えていきたいと思っています。

最新記事 by ブリランテピアノ教室 (全て見る)